| トップページ | 日本パートナーシャフト協会とは | パートナーシャフトとは | 活動記録 | 機関紙と参考図書 | 略史 | リンク |

 トップページ>日本パートナーシャフト協会とは



■日本パートナーシャフト協会のご紹介
日本パートナーシャフト協会 Japan Institute for Partnerschaft
 パートナーシャフト経営は、ミュンヘン大学のギド・フィッシャー教授が提唱されました。
日本には上智大学の篠田雄次郎教授によって紹介され、企業経営の「理想的な姿」を追求しています。
 この普及・研究・発展を目的とし、共感と信頼を基盤にした新しい人間関係を作りあげ、共同体としての新たな可能性を開発しようと考える経営者、労組指導者、経営学者など、関心をもつ人たちが集まった、研究と経験のための会です。
 1965年、フィッシャー教授の訪日を期に篠田雄次郎教授が中心となり、竹山尚氏・大須賀発蔵氏が参加し「パートナーシャフト研究会」を結成しました。
講演会、研修会などを開催するとともにパートナーシャフト経営の普及にあたり、またその企業の支援を行ってきました。
 1977年にはパートナーシャフト企業の経営者・中堅管理者を養成するために「パートナーシャフトアカデミー」(PSA)が開講され、16年の間に150名以上の修了生を送り出しました。
 1994年にこれらの組織が統合され「日本パートナーシャフト協会」(JIP)が発足し、現在にいたっております。
 日本パートナーシャフト協会(JIP)は、パートナーシャフト経営(PS)に関心を持つ個人と企業から成る団体であり、年次総会の決定により、年間数回の研修・講演会を開催し、機関紙「JIPレター」を随時発行しております。
 運営はボランティアの幹事会が中心となって行っています。
 またパートナーシャフトの提唱者であるドイツにも同様の団体(AGP)があり、随時交流があります。
AGP:Arbeitsgemeinschaft zur Forderung der Partnerschaft in der Wirtschaft e.v.
(経済におけるパートナーシャフト促進のための研究会)ドイツ、カッセル




■パートナーシャフトアカデミー(PSA)
 JIPの前身団体である、パートナーシャフト研究会の1977年から、パートナーシャフト経営を担う経営後継者、幹部社員養成を目的とする一年間の研修会がスタートしました。
 この研修(PSA)は中断がありましたが、時代の要請に研修内容を改定して現在まで継続しており、多くのPSA修了者を輩出しております。

<2016年度 研修プログラム概要>
 研修期間:2016年6月〜2017年4月 

 @ ベーシックエンカウンターグループ(BEG)
 A企業研修(伊那食品工業株式会社)
  東洋思想セミナー(岡谷市)
 Bパートナーシャフト企業の経営論
  セミナー「B/S経営とリーダーシップ」
 C企業研修(オムロン京都太陽株式会社)
  世界文化遺産「東寺」の見学研修
  セミナー「ドイツ経営パートナーシャフト史」
  D高野山「錬成会」
  @.自己修養法内観の実践
  A.経営幹部としての役割と任務の認識 
  B.世界遺産高野山の見学
  C.瞑想(阿字観)の実践 
 E修了式(上智大学カトリックセンター)

■講演会等の会合
 会員メンバーを対象にした協会主催の講演会、勉強会、研修会など。次のA、Bの会合は会員以外の一般にも公開しております。

 @社長会
   著名な講演者を招き、法人会員トップ・幹部等が参加する勉強会です。
 A東洋思想セミナー
  岡谷照光寺にて宮坂宥洪ご住職による東洋思想を学ぶ研修会です。
 B高野山「練成会」
  弘法大師空海が開創した世界遺産高野山にて自分を深く見つめる研修会です。

■機関紙の発行
 協会の法人会員・個人会員を対象に年に数回、「JIPレター」として様々な情報を提供しています。








ギド・フィッシャー教授
Prof.Dr.Guido Fischer(1899-1983)


篠田 雄次郎氏(1928-1992)
元上智大学社会経済研究所教授


竹山 尚氏(1914-1995)
元東京理科大学講師


大須賀 発蔵氏(1923〜2011)
元(財)茨城カウンセリングセンター
理事長

会員募集のお知らせ

■パートナーシャフト経営の目的
 パートナーシャフト経営が目指していることは何かと問われれば、「会社を持続発展させ、会社で働く社員を幸せにすることである」と言えます。

 この目標を達成するためには、どの様な考え方で会社の経営を為すべきだろうか、社会に貢献するとはどんな方法があるのだろうか、社員の幸せとは何だろうか等々、各社各人の課題を見つけ、本気で考え、ビジネス哲学を確立したい、パートナーシャフト経営を学びたいと思っておられる法人、あるいは個人会員の募集をしております。

■会員の種別
 @法人会員 本協会の趣旨に賛同する法人
 A個人会員 本協会の趣旨に賛同する個人

種別 入会金 年会費
法人会員 10,000円 60,000円
個人会員 なし 5,000円

■お問い合せ
 (お問い合せ先)
 〒310-0826 茨城県水戸市渋井町50番地
 株式会社 茨城木材相互市場内 パートナーシャフト協会
 事務局担当 市毛
 TEL 029-221-3111
 E-mail info@jip-agp.org

 本協会についてのお問い合せ、入会申込みなどにつきましては、上記メールアドレスか事務局にご連絡ください。

■お申込み、お問合せは…

日本パートナーシャフト協会
〒104-0033
東京都中央区新川2-13-8
株式会社 三ツ和 内
E-mail: info@jip-agp.org
※メールのお返事が遅くなる場合が
 あります。ご了承願います。
 必ず、お返事はいたします。

| トップページ | 日本パートナーシャフト協会とは | パートナーシャフトとは | 活動記録 | 機関紙と参考図書 | 略史 | リンク |

Copyright (C) Japan Institute for Partnerschaft. All Rights Reserved.